膣壁と肉棒の摩擦が2人にすごい快感をもたらせてくる。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX”></a></p>
<p><a href=

昔から、私は妹の加奈に対してコンプレックスを抱いていました。
真面目な性格の私と違って、要領がいいというか…。
何をやらせてもソツがなく、いつでも自由奔放に生きる子だったからです。
私は親に言われるままに女子高に入ったっていうのに妹は共学の高校へ。
男性と知り合う機会が少なくて、卒業してから初体験した私と違い、妹は高校で何人とも付き合ってました。 その奔放さは特に異性関係で際立っています。
同じ男性と半年以上付き合ったことはなく、きれいな外見を活かしとっかえひっかえの状態でした。
それに比べて私は親戚の勧めでお見合い結婚、十代で家庭に入ることになりました。

一人息子にも恵まれはしましたが、夫との関係は子育てと共に冷めていき…
いまではただのお父さんとお母さん以上の何者でもありません。
5年前に伊豆のサーファーと結婚して、妹は結婚生活も謳歌しています。

それと比べると、私は地味で何の面白みもない主婦になってしまいました。
もちろん、自分と妹の性格が正反対だという事は分かっています。
人生を楽しくするのは結局その人次第だという事も。
そうは思ってみても、やはり一抹の寂しさはどうしても拭えませんでした。
そんなある日の事…

その日、たまたま遊びに来ていた加奈が、最近始めたという新しい遊びの事を話したのです。
私はいつものように聞き流していたんですが、内容がハードだったんです。
どうやらその遊びというのは、年下の男の子との浮気という事を知って、さすがにどうかと思いました。

「まさか、相手は未成年なの?いくらなんでも…」
「いいじゃない。男はとにかく若いこの方が良いんだって。でも高校生って言うのは初めてかも」
「こ、高校生と不倫してるの?」
加奈の言葉に驚いてしまいました。
浮気してるというだけでも大変な事なのに、その相手が高校生だなんて。

それに息子のサトシと同じ高校生です。
妹からすれば甥と同じぐらいの男の子と肉体関係を持つだなんて、私には信じられません。
「高校生なんて、すっかり大人と同じよ。教えたら教えただけ上達するし、体力が違うわ」
あけすけな妹の言葉に私は言葉を失ってしまいました。

派手な服を着ている妹は、見た目とても28歳には見えません。
これだと確かに高校生にとっては美人のお姉さんという感覚かもしれません。
若々しい少年と妹が絡み合っている場面を想像し、頬が熱くなってしまいました。

「高校生っていいわよ。素直だし、経験が少ないからとっても責めがいがあるの。姉さんも体験してみれば?」
「や、やめてちょうだい。そんな恥ずかしい事。それに親御さんに知れたらどんな顔すればいいの?」
サトシと同じぐらいの少年の親って、私と同じくらいの年齢のはず。
妹のしでかした事とはいえ、同じ母親として申し訳がありません。

ところがそれを聞いている加奈は、何か意味深な含み笑いをしています。
「うふふ… 言っちゃおうかな。その子ってね、本当は姉さんも知ってる子なの」
「え、なに…?私に高校生の知り合いなんて。まさかサトシの友達とかじゃないでしょうね」
「あたり?!しかも3人としてるのよ」

!!!!
さ、三人と?
今度こそ、本当に私は呆気にとられてしまいました。
加奈は、息子の友達3人と肉体関係を持っているというのです。
「やだ?、そんな顔しないでよ。偶然だったんだから」
どんな偶然なのかは教えてくれないけど、息子と同い年の子と遊びで付き合ってるだなんて。

想像以上の内容を聞かされて、妹の対して様々な感情が湧き上がってきます。
加奈のただれた性生活に対する非難。
それとは逆の、自分の欲望のままに行動できる性格への羨望。
いろんな感情が混ざり合ってましたが、最も強く感じたのは嫉妬…。

なんで加奈ばっかり… 私だって、もっと人生を楽しみたいのに…
いったいどんな顔をして3人もの高校生を誘惑したんだろう。
人妻誘惑するカラダ 妃乃ひかり

私の脳裏には、さっきよりも鮮明に高校生たちに身体を自由にさせて悶える妹の姿が浮かびました。
考えてみれば、私は複数の男性とする以前に何人とも経験しているわけではありません。
夫とでさえ最近は仲も冷め、性生活もほとんど無いのです。
それなのに妹は若い子達の相手を1人でしているなんて…。
もしそれが私だったとしたら…

思わず自分が少年たちに、好きなようにセックスされている光景を想像してしまいました。
「姉さん、どうしたの?分かった、その顔… 本当は羨ましいんでしょ」
「なに言ってるの!私はそんなに淫らではないのよ!」
「またまた?、私だってこんな事始める前は欲求不満で仕方なかったのよ。姉さんだってそうじゃないの?」
「そ、そんな事ない…」
心の中を見透かされたような気がして、自分でもビックリする様な声を上げてしまいました。

でも加奈は大して驚きもせず、真っ赤な顔の私をニヤニヤしながら見つめています。
「別にいいじゃない。姉さんだって若いんだし、そう考えちゃうのも自然の事よ」
「そ、そんなわけないでしょ!」
否定しようとしても、暴れ始めた妄想を自分で止める事が出来ません。

心の中には細く引き締まった3人の高校生たちの裸。
そしてまだ見たことも無い、若鮎のようなオチンチンを想像せずにいられません。
高鳴る鼓動と赤面をどうにか抑えようとしていると、妹が突拍子もないことを言い出します。
実際に加奈が、その3人とセックスしている所を覗かせてくれると言うのです。

「いつもホテルの1室でしてるから、クローゼットの中から見てみる?」
そう言って加奈はどこかにメールをし始めました。
私の事は書いてませんが、次の週末に集まろうという内容でした。
実の妹の浮気を目の当たりにしているのに、やめさせない自分。
不思議な気分でしたが、何故か私は妹を止める事が出来ませんでした。

続きを読む

Source: 7




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【唖然】童貞だった男が出会い系でやりまくっとる...



元童貞の俺が出会い系で喰った女達をまとめたったwww

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


コメントを残す