泊まったペンションとかで毎晩オナニー

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX”></a></p>
<p><a href=

今の旦那と出会ったときのこと・・・。
今から2年前、23歳のとき、今の旦那と出会いました。
旦那は鉄道会社に勤務し、運転課というところでダイヤグラムを決める「スジ屋」という仕事をしてます。だから、鉄道が小さいころから好きで入社したようなものです。
ところが、私自身は同じ乗り物でもバイクが大好きで、それもそのはず、物心ついたときには一家そろってモトクロスをしていたのでした。
だから、高校1年生の時には中免(普通二輪)を取ったほどで、

高校2年生の時からは毎年、夏休みには欠かさず北海道ツーリングもしてます。

今まで付き合った人はみんなモトクロスライダー、 初体験もモトクロスライダー

(中には一人、国際A級の人と付き合ったこともあります)

だけど、長続きしたことはなくて、すれ違いも多かったし、なんかうまくいかなくて、

大学1年の夏休みに北海道をツーリングしたときには、カップルライダーを見るたびに、

いつかは絶対に北海道を好きな人とツーリングすると思いつつ、泊まったペンションとかで毎晩オナニーしていたほどでした。

ところが、彼は免許を持ってなくて(一度教習所に通ったが失敗し断念したとのこと)、

車はおろかバイクとは無縁の状態。

そんな私が、ひょんなことで彼と出会って、お互いを好きになり、付き合いだしてから1週間後、

私は自分のオフロードバイクで彼の住むマンションに行きました。

そこで、彼に自分がかなりのバイク狂で、モトクロスやツーリングもよくする、と打ち明けました。

すると、彼は「いいんだよ、君がバイク好きなのはよくわかっているから、自分の趣味は存分に楽しみな」と許してくれたのです。

まだそのころは、彼が免許を取れなかったことに対する、悔しさと乗れないというコンプレックスを抱えていたのは明らかで、

ケンカ覚悟で「免許を持っていなくても気にしないで」と私は彼に告げました。

すると、彼は私のことを強く抱きしめてくれて、「ずっと一緒に生きていこう」と言ってくれたのです。

うれしくて涙が止まらず、お互いに強く抱きしめあって、クチュクチュと音を立てながら長く激しくディープキスをしつづけました。

その日は泊まることなんか考えてもなかったのに自宅に帰りたくなくなって、彼の家に泊まることにしました。

彼は現場勤務の経験もあり、そこで培った料理の腕はまさに凄いの一言。

夕飯と、翌日の朝食がとってもおいしいものでした(当時料理はそんなに上手じゃなかったんで)

そして、お約束のエッチは、まさに激しいものでした。

続きを読む

Source: 7




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【唖然】童貞だった男が出会い系でやりまくっとる...



元童貞の俺が出会い系で喰った女達をまとめたったwww

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


コメントを残す